Tablets for medicinal product in bottle on blue

障害年金という制度

woman listening phone and feeling worried

双極性障害など精神疾患の症状が重過ぎるケースの場合、条件がクリアできれば国から障害年金という制度を受ける事が可能です。障害等級や具体的な症状によって必ず誰でも適用されるわけではありませんが、一般企業で働く事が困難と認定された双極性障害など精神疾患当事者であるならば、障害年金を受給できる可能性が高いという事を知っておきましょう。これも身近に障害者や福祉関係者がいなければまず一般社会では知る事は無い制度ですので、もしも該当するようであれば気負う事なく積極的に申請をすると良いでしょう。特に双極性障害は症状が悪化してしまうと、ギャンブルやアルコール依存など、経済的不安から自暴自棄になるリスクが高くなっていきますので、最低限の収入手段として障害者年金という常識を知っておくようにしておきましょう。基本的には医師による判断が大きいものとなっていますので、信頼できる主治医との相談を行う事が障害年金申請で始めに行う事です。そして区役所の障害福祉課に申請手続きを行い、医師と行政両方から認められれば、障害年金は給付されるようになるのです。双極性障害ほか精神疾患の症状はさまざまですので、障害年金で一生暮らしていくか、社会復帰までの補助として利用するかは、各々で考えながら選択していくと良いでしょう。とにかく生活をしていくうえで最低限のお金が必要となりますので、一般就労が困難となってしまった精神疾患当事者は、障害年金という制度の申請をするようにしてみて下さい。